ebook service電子書籍制作サービス

 

紙版書籍と電子書籍の新刊同時配信(サイマル配信)は
丸井工文社にお任せください

電子書籍による出版に積極的に取り組む出版社様が増え、紙と電子書籍の同時配信への対応が求められております。
丸井工文社は高品質・短納期の万全な制作体制により、お客様のサイマル配信をサポートいたします。

 


制作フローの特徴

point.1印刷用に作成したDTPデータでご入稿ください

印刷用のDTPデータ作るときにスタイル指定方法等、電子書籍用を考慮したデータを作成する必要は一切ございません。現状の印刷用データ作成方法のままご入稿ください。

point.2特別なシステムの導入は不要

ワンソースマルチユースを目的とした印刷・電子書籍 同時制作の特別なシステムは使用いたしません。その理由は現時点では紙の方が表現力が高く、EPUBの表現力がそれに伴っていないため、ワンソースマルチユースを実現した場合、印刷物の表現に制約を受けることになるためです。

point.3最短1日での初稿提出を実現

版元様にとって、もっとも理想的なことは、現状の印刷物について、表現・制作方法等を含め変更することなく、電子書籍のサイマル配信を実現することだと考えます。弊社は、印刷用に作成したDTPデータからのEPUBファイル制作についてリフロー形式で最短1日で初校提出が可能な専用ツールを駆使した制作フローを構築しております。

point.4PDFファイルのようにEPUBファイルを作成

電子書籍のために専用のシステムは必要ありません。PDFのような感覚でEPUBファイルを版元様に供給することを弊社は目指しております。

 
 


配信業務代行サービス

現在、電子書籍を取り扱う書店・取次では、配信に必要な書誌情報や入稿手順等が各社様々です。そのことで出版社様の配信業務における作業負荷は大変なものになっています。そんなお客様の声を受け、丸井工文社ではEPUBファイル制作と合わせ、版元様の配信業務を代行するサービスを行なっております。よくある配信代行は、発売元が業者になってしまいますが、弊社のサービスは業務代行となります。制作から配信業務代行までを一括で行うため、配信スケジュールを版元様と共有することで、スケジュールを元効率的に制作作業を行うことができます。

 


 

お問い合わせ