IoT cloud serviceScLink|IoTクラウドサービス


「紙」と「電子」をつなぐスクリーンコードで実現するIoTサービスソリューション

印刷媒体のコンテンツに「見えないコード ScreenCode(スクリーンコード)」を埋め込み、スマートフォンやタブレットの専用アプリ「SClink」でコードを読み取ることで、音声、動画、 ウェブコンテンツといった各種デジタルメディアと印刷媒体をつなげることができるIoT クラウドサービスです。印刷媒体だけでは伝えきれない情報を、音声、動画、 ウェブコンテンツといった各種デジタルメディアにより補うことができ、お手軽な価格で、簡単に、すぐに導入できます。

 

 
 


ScLinkの使用法

 


SClinkの特徴


IoTクラウドサービスの導入の流れ

  • コードの発行・登録

  • サーバーへのデータの入力

  • コードとデータの紐付け

  • スマートフォンのアプリケーションの提供

  • サーバーの保守


IoTクラウドサービスの活用事例
販売促進キャンペーンとマーケティング

  • スマートフォン+アプリケーション

  • オンラインコンテンツ

従来の懸賞応募では応募券を台紙に貼り、郵送していました。
当社のクラウドサービスならば、モノに固有のコードが印字されており、消費者はスマホで読み取り後、即時登録、キャンペーンに参加することができます。
これにより採用した企業は効果的にマーケティング活動を行うことができます。
消費者の動向を調べ、効果を測定することで、素早く正確にニーズを把握でき、サービスの向上につなげ、新規企画の糸口をつかむきっかけになり得えます。

 


 

お問い合わせ